気がついたことをダラダラと書きます(笑)


by reki_amuro

教員採用


お金をもらうのは論外、点数操作も論外・・・なぜそんなことするのか?


試験ですべてを決めてしまうのも問題です。


2次の面接で、おかしな若者がたくさんくるそうです・・・。


試験の成績はいいのですが、面接してみると、発言がおかしい、絶対になにか問題を起こしそう!みたいな・・・。


受ける側の問題の方が多かったりしたりして・・・これが現実(汗
[PR]
# by reki_amuro | 2008-07-13 10:21 | 日記

ノルマ


ノルマ無いみたいに書かれますが、ノルマは存在しています。

警察は月の検挙数、ノルマになっています。でも、評価対象になっていません。

ノルマの上に、1件5,000円なんて歩合になったら・・・困るのはどなた?

検察やら裁判所もノルマになったらどうなります?

想像してみてください。

納税課・・・ノルマになったら、根こそぎ差し押さえですけど・・・。

市民課・・・ノルマになったら、一人あたり月住民票1,000件販売しなさいとなったら、よけいな住民票・・・ポテトの乗りで買わされますよ・・・いいんですね(泣)


ホントにノルマにしてもいいですか?
[PR]
# by reki_amuro | 2008-07-11 19:44 | 日記

費用対効果  その2


費用対効果、民間レベルに給与を下げてから発言しなさい!いろいろ意見はあります。


費用対効果

生活保護の費用対効果はどうやってはかるのでしょうか?

沢山、生活保護認定をして支給する?これが本来のあり方です。だとしたら、会計的には大赤字です。

障がい者支援

これも手厚く保護する?これも本来のあり方です。これも大赤字。

中小企業対策

無利子の融資、制度融資の利子補給、保証料の全額補給。とことんまでやれば、これも大赤字。

就労支援

就労困難者の就労斡旋。これもなかなか就労に結びつきません。

国民年金、国民健康保険

ちゃんと払っていただける方ばかりだと、余計な仕事は必要ありません。

納税

これもちゃんと払っていただける方ばかりだと、余計な仕事は必要ありません。

市民課

住民票、戸籍。実際に頂いている手数料はほんの一部です。管理にかかる費用からすると1通、最低でも数千円になります。


あっちも、こっちも正常に機能していれば、余計な仕事は必要ありません。

費用を増大させている一端はバッシングされている方にもありませんか?

民間レベルに給与を下げてから発言しなさい!

バブルの時に、「公務員の給与は低いのであげましょう!」の発言があれば、一定理屈は通ります。

でも、誰か発言しました?

自分たちの給与が下がってから、ぶつぶつ言われても、長年同じ水準のこちらとしては納得できません。話にも乗れません。


箱物は確かに余計です。しかし、全体をみてから発言されていますか?

市場原理、費用対効果・・・弱者の部分が切り捨てられますよ・・・民間で、生活保護費、やってくれる所ありますか?利益は全く発生せず、赤字のオンパレードですけど・・・。
[PR]
# by reki_amuro | 2008-07-08 21:37 | 日記

沢山あります


仕事は沢山あります。一部のできる人たちの所に集中するきらいがあります。

その人たちは、やり方を変えないといけない!と思っています。

できるところから変えようとしています。

上も、「行政改革」と叫び、このできる人たちに改革を押しつけます。

できる人たちに、どんどん事業が集中します・・・それで給与cutですか?

あんまりでは無いでしょうか・・・(..ゞ アセ


一律ではなく、○○しかできない管○職とかから、その分をさっ引くとか・・・。

給与はまだ手を付けなくても大丈夫と思います。

まだまだ予算は切り込めます。その分、市民の方には我慢して頂きますけど・・・。

10円単位で苦労していた昔の職場を全庁的広げれば大丈夫だと思います。


何もしない!・・・が一番です。
[PR]
# by reki_amuro | 2008-06-23 23:13 | 日記

うらやましい


マイルが手にはいるほど、出張は飛行機なんですね・・・。

Tに出たついでに、庁によって挨拶・・・が一般的でした。

自腹です・・・(..ゞ アセ


公費でそんな長距離を出張させてもらった事は・・・無し(泣)


文章もほとんど自腹で抜きづり作成・・・宣伝のため配布・・・配布のメール便代金も自腹・・・。

法律の書籍購入も自腹・・・予算数千円ですから・・・。


何でも自腹は・・・私の特許?(..ゞ アセ  (大泣)
[PR]
# by reki_amuro | 2008-06-23 22:06 | 日記